保健所で動物を助ける

動物を助けたいなら保健所へ

保健所見学で動物を救う

今やペットは家族の一員となっている時代ですが、心無い飼い主によっていいのちを軽んじられている場合があります。体調が悪い犬猫をそのまま放置して衰弱死させたり、不妊手術を受けさせずにいつの間にか子犬、子猫が増え、困って捨ててしまうということが後をたちません。また、飼い主自信が老化して面倒をみれなくなってしまうということもあります。家族として迎え入れたら終生面倒を見る義務があると考えてほしいです。換えなくなる場合は」責任を持って里親を探すべきでしょう。保健所にはそんな心無い飼い主によって捨てられてしまった動物がいます。期間が過ぎれば殺処分されてしまいます。是非見学に訪れて動物を1匹でも救ってあげてくれませんか。

保健所の保護犬や猫を迎える

犬や猫などのペットを飼おうと考えるとき、その品種にこだわりがなければ、保護動物を迎えるという選択肢があります。保健所の愛護センターの譲渡会や、そこから引き出して預かっているボランティア団体などからもらい受けることができます。こうした動物は、必要なワクチンや健康診断がされていて、性格や適切な飼い方などについても相談できるというメリットがあります。譲渡の際には、再び手放されることが無いように、家族全員の同意やペット可の住宅であることなどの確認や、医療費の実費負担、飼い方セミナーの受講などが、自治体や団体によって必要となります。

動物保健所の情報

↑PAGE TOP